朗読ボランティア 「杜の音」 通信 (H28年 6月号)

  
朗読メンバーブログ [posted:2016.06.30]

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
6月は、以下の5作品を朗読しました。


① 「語るためのグリム童話」 より 「マレーン姫」
② 「せかいむかしばなし」 より 「ブレーメンのおんがくたい」
③ 渋谷 勲 脚本 「しばいのすきなえんまさん」
④ 新美 南吉 作 「ごんぎつね」
⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 「語るためのグリム童話」 より 「マレーン姫」 (朗読:武田 博子さん)

マレーン姫.jpg


父である王のすすめる結婚に反抗して、真っ暗な塔の中に幽閉された 「マレーン姫」 が、
7年後塔から脱出して、愛する王子とめでたく結婚するまでの物語。


6月 武田さん②.jpg


昨年12月の、ステージ・アップの朗読会で、この作品に挑戦した武田さんが、半年ぶりに朗読してくれました。
台本無しの 「一人語り」 のスタイルに、今回もお客様からたくさんの拍手が送られました。


昨年の朗読会の模様は こちら http://www.stage-up.info/contents/cat9/vol3-1.php


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

② 「せかいむかしばなし」 より 「ブレーメンのおんがくたい」  (朗読:小笠原 清子さん)


ブレーメンの音楽隊.jpg


「ブレーメンの音楽隊」 は、「グリム童話」 の中の一つで、
ドイツのグリム兄弟が、古くから語り継がれている昔話を書き改めたもので、
よく働いた動物たちが、年をとったことで不幸になりそうになったとき、
身に付けている特徴を発揮し、幸せになるという物語です。


ブレーメン.jpg


「勤労の果てに不幸などあってはならない」 と暗に語っているこの物語は、
現代にもその意味を重ねているようです。


6月 小笠原さん①.jpg

今回は小笠原さんが、ろば・いぬ・ねこ・おんどり の声を、上手く使い分けて楽しく読んでくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 渋谷 勲 脚本 「しばいのすきなえんまさん」 (朗読:田中 憲子さん)

えんまさん①.jpg


タイトル通り、芝居好きの閻魔大王が、芝居上手の団十郎に芝居をせがみ、
とんでもない災難に遭ってしまうお話です。

6月 田中さん①.jpg


こういった作品を得意とする田中さん。今回も、実にいきいきと語ってくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

④ 新美 南吉 作 「ごんぎつね」 (朗読:長野 淳子)


ごんぎつね.JPG 


「ごんぎつね」 は、小学校の国語の教科書に半世紀以上にわたって掲載されている、新美南吉の代表作で、
私は、昨年10月に、仙台白百合学園大学の大学祭で、
また、今年6月に博品館劇場で開催された 「朗読の日」 の公演でも朗読しています。


6月 長野.jpg 6月 見学①.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⑤ 矢野 竜広 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 (朗読:全員で)


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。


そこに日常があった.jpg


「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて、
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。


6月 当たり前のこと②.jpg 6月 当たり前のこと③.jpg
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
「読む人」 も 「聞く人」 もお互いに楽しめるように、工夫していますが
読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


6月 集合.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「チーム杜の音」 関連記事

◆朗読ボランティア 「チーム杜の音」 http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php
◆「杜の音通信」(H27年2月号) http://www.stage-up.info/cat6/post-72.php
◆「杜の音通信」(H27年4月号) http://www.stage-up.info/cat6/-4.php
◆「杜の音通信」(H27年5月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-48.php
◆「杜の音通信」(H27年6月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-47.php
◆「杜の音通信」(H27年7月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-7.php
◆「杜の音通信」(H27年8月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-8.php
◆「杜の音通信」(H27年9月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-9.php
◆「杜の音通信」(H28年1月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28.php
◆「杜の音通信」(H28年2月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-282.php
◆「杜の音通信」(H28年3月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-3.php
◆「杜の音通信」(H28年4月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/9-2.php
◆「杜の音通信」(H28年5月号)http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-3.php