朗読メンバー紹介

メンバーのブログ記事も、ぜひご覧ください!!

長野 淳子

roudoku_nagano.jpg

「朗読」 は 「文字」 に魂を吹き込んで 「生きた言葉」 にする作業です。

そうして 「作品」 が 「読み手の声」 を通して 「聞いて下さる方」 に届いた時、
初めてその 「朗読」 は、成り立ったと言えるのだと思うのです。

「朗読」 の世界は、本当に奥が深く、味わい深い世界だと思います。



島尾 尚子さん

roudoku_shimao.jpg

作品の中にある 目には見えないメッセージ。
朗読の奥深さとともに、聞いてくださる皆様に大切な何かを伝えられれば・・・
と、思っています。



めぐみさん

roudoku_megumi.jpg

言葉を声にすると、気持ちが開放的になって感情をいつもよりたくさん 出せる気がします。
感情を表現できると、気分がすがすがしく晴れやかになります。

お聞き頂くお客様にも言葉を声にする楽しさを味わっていただけたら嬉しいです。



及川 満奈美さん

roudoku_oikawa2.jpg

光景を思い描きながら作品を読み進めていくうちに、
文章にはない心の変化が、読み手の 「心の文章」 になっていくようで、
とても不思議な感覚になります。

「言葉」 は、文字から得る情報や感覚が 「声」 を通して発せられた瞬間から、
「生き物」 になっていくのだと気がつきました。



関本 美幸さん

roudoku_sekimoto.jpg

「朗読」 は、読み手によって作品の表情が変わり、そして聴き手の感じ方も十人十色。
ひとつの作品が、関わる人によって微妙に色を変えていく...
朗読には深いおもしろさがあります。
どちらの立場にもなって、これからもたくさんの作品に触れていきたいと思います。



斉藤 薫さん

kaoru_saitou.jpg

作品から伝わる思いを、声に乗せて表現する。
それに、聴いて頂く皆さんのそれぞれの思いが加わり、世界が広がっていく。
朗読には、そんな楽しさがあるように思います。

もっとたくさんの作品に触れてみたい!!
ひとつの作品を読むたびに、そう感じます。



長谷部 直美さん

naomi_hasebe.jpg

人前で話すのが苦手で、話し方の勉強をしていくうちに、
言葉の持つ力に魅力を感じて、朗読にもチャレンジしています。

声の出し方や読み方など、表現することももっと勉強しながら、
作品に向き合っていきたいと思います。



橋口 妙子さん

taeko_hashikughi.jpg

以前から、自身で書いたコラムやエッセイを、新聞や雑誌に投稿していて
これまで、何度か掲載されたことがあります。

いつか、朗読会で、そういった自分の作品を読むことを楽しみに
これからも朗読の勉強を続けていきたいと思います。



武田 博子さん

roudoku_takeda.jpg

長野先生に指導して頂きながら、日々朗読の楽しさ・深さ・そして難しさを感じています。
それでも、先生の個人レッスンはいつも待ち遠しいです。

先生に鍛えていただいて、これから 「朗読劇」 にもチャレンジしてみたいと思います!



林 裕貴子さん

roudoku_hayashi.jpg

朗読を始めた当初は、表現方法がうまく掴めず戸惑い通しでしたが、
長野先生から、イメージの作り方のアドバイスを頂き、
練習を重ねるうちに、すっかり、朗読の魅力に引き込まれました。

朗読を勉強する事は、日常生活でのコミュニケーション作りにも、役立っていると感じています。
作者の想いを、自分の言葉に乗せて表現出来る様になりたいと思います。



田中 憲子さん

朗読メンバー 田中さん.jpg

私が朗読に興味をもち、勉強するようになったのは、
作品の背景を読み解き、自分と違う人物を演じる楽しさや、
又、ボランテイアでお客様の前で読んだ時の嬉しさに目覚めたのがきっかけです。

これからも、皆さんと一緒に勉強したいと思っています。



Kiyokoさん

朗読メンバー 小笠原さん.jpg

朗読する作品にふれて、丁寧に読み込み、作者の思いや登場人物の気持ち、
情景などを・・・表現できるように心がけています。

これからも、出会った作品を大切に、心を込めた朗読が出来るように 頑張りたいと思います。



吉田 睦美さん

朗読メンバー 睦美さん.jpg

頭の中で作品の情景を思い描きながら、登場人物の気持ちを想像して読み込む内に
物語が浮き上がる感覚を味わえた時は、なんとも言えない嬉しさを感じました。

それは、日常生活においても活かされていると感じます。

朗読会での私達の言葉が、お聞き頂いた方々に、ひとつでも 共感していただけたり、
安らぎの時間になれば幸せに思います。



三浦 由子さん

朗読メンバー 三浦さん.jpg

かすかな心の動きまで声で表現する。
楽しいけれど奥深い 「朗読」 にすっかり魅了されてしまいました。

一回読んだだけではわからないであろう作品の持つ面白さ・深さ等を、
「朗読」 で聴き手の皆さんに少しでも届けられたら嬉しいです。



野呂 光江さん

朗読メンバー  野呂さん.jpg

何年も前に初めて長野先生の朗読を聴いた時、
あまりの凄さに 「これは『聴く側』で楽しむものだ」 と観念にも似た思いがして、
その後 朗読会に足を運ぶだけの時期が続きました。

そんな私がそんな時を経て、今 朗読を 『する側』 の場に立っているのは、
やはりその魅力にとり付かれたからです。
自分の"語り"で、いろいろな人を様々な場所や世界へ連れ出せる様、
私自身がより多くの作品に寄り添い、言葉に魂を込めて届けたいです。



渡部 敦子さん

朗読メンバー 渡部さん.jpg

朗読を始めたきっかけは、小学校での絵本の 「読み聞かせ」 でした。
声に出して 「読む」 と言う事は 「聞き手」 がいる。
決して自分本意にならず、作者の込めたイメージを壊さず的確につかみ、自分の声で伝える。

自分自身の知識、経験、体験した事が 「朗読」 の内容を深めるのではないか、と思います。
生きた言葉の 「力」 は魂を吹き込むこと。
「朗読」 は、自分自身の人生を振り返る時間でもあると思います。



早坂 ふく子さん

朗読メンバー 早坂さん.jpg

朗読を通して、聞き手の皆様と時間を共有できることは、とっても素敵で嬉しいことです!

これからも、色々な作品を通して、可能性を追求していきたいと思います。



八幡 靖子さん

朗読メンバー 八幡さん.jpg

「朗読」 は 自分に合った作品に出会えること。
それを読み込むことで、自分の 「オリジナル」 にすること。
そして、良い 「演出家」 に出会えること。だと思います。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0