朗読講座

◆「朗読」 は、奥が深く、味わい深い世界

ひとつの 「作品」 を 「読み手」 として 「聞いて下さる方」 に届ける時
作者は、この作品をどんな思いで書いたのだろう・・・
この作品を通して 何を伝えたかったのだろう・・・
色々なことを考えながら 作品とじっくり向き合って、読み込んでいきます。

◆「朗読」 は 「文字」 に魂を吹き込んで 「生きた言葉」 にする作業

「朗読」 には読み手の 「声」 を通して、読み手の 「人柄」 「感性」 「捉え方」 「表現力」 が否応なく表われます。
ひとつ間違えたら、作品を全く違うものにしてしまう 「怖さ」 もあります。
ですから 「読み手」 は、常に自分の 「感性」 や 「表現力」 を磨かなければなりません。
そうして 「作品」 が 「読み手」 の声を通して 「聞いて下さる方」 に、きちんと届いた時、
初めてその 「朗読」 は、成り立ったと言えるのです。

◆「朗読」 は楽しい!!

こんな風に言うと、「朗読」 がとても難しいものに聞こえてしまうかもしれませんが、 そんなことはありません。
「朗読」 は 「読む」 のも 「聞く」 のも楽しく素晴らしい世界です。基本は 「楽しむ」 事です。
その 「作品」 を、「読むこと」 を、「聞く事」 を、それぞれに 「楽しむ事」 だと思います。

◆あなたもぜひご一緒に!!

私の朗読会の時に お越し頂いたお客様に いつも申し上げる言葉があります。

「是非 皆さんもご一緒に 朗読をしてみませんか?」

そう言って、朗読会のフィナーレは、お客さまと一緒に声を合わせて 「詩」 の一節などを読みます。
心がひとつになる瞬間です。朗読をやっていてよかったと思う瞬間です。

「朗読」 は、いつでも どこでも 誰にでも 出来ます!!楽しんでやればいいのです。
是非一緒に 楽しみたいとお思いの方は ご連絡ください。お待ちしております!!

◆朗読公演履歴

小原乃梨子朗読研究会 発表公演 「詞華集」 2002年・2004年
ライブリーディング「ギフト」 vol.1 vol.2 vol.3(YouTube動画)
ライブリーディング「ブーケ」 vol.1 vol.2 vol.3 vol.6
NPO 日本朗読文化協会
「朗読の日公演」
2004・2005・2006・2007・2010・2011・20122013201420152016年2017年
「朗読アラカルト」
2010年
広瀬文化センター・広瀬図書館 連携事業 「大人のための朗読会」
丸森町 蔵の郷土館 齋理屋敷 齋理のひなまつり 「ひなの語り」
市民センター合同企画  「伝える思い・伝わる心」
仙台市大沢市民センター 朗々学園  「言葉を心の窓にして」
図書館朗読 『赤毛のアン』 と村岡花子の世界(東京洗足池図書館仙台白百合学園大学
図書館朗読 『ごんぎつね』 と新実南吉の世界(仙台白百合学園大学)
朗読劇 「悪女について」 ( 東京公演・横浜公演・仙台公演秋田公演 )
図書館朗読 第8回 北新朗読会~長月~朗読で味わう文学の世界~(北新宿図書館)
朗読劇 「口紅のとき」 
朗読ボランティア (東日本大震災復興支援総合南東北病院ギャラリー杜の音
★現在開講している 「朗読講座」 は、こちら http://www.stage-up.info/contents/photo/class.pdf 
★現在担当している 「朗読番組」 は、こちら  http://www.stage-up.info/contents/radio.php
★朗読会の 「お客様の声」 は、こちら http://www.stage-up.info/contents/voice2.php
★ステージ・アップの 「朗読メンバー」 は、こちら http://www.stage-up.info/contents/reading-member.php
「朗読メンバーのブログ」 は、こちら http://www.stage-up.info/contents/cat9/
★ステージ・アップの 「朗読ボランティア」 は、こちら http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php