朗読ボランティア 「杜の音通信」 平成29年7月号

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
7月は、以下の5作品を朗読しました。


① 堀尾 青史:作・丸木 俊:絵  紙芝居 「天人のはごろも」
② あまん きみこ 作 「おかあさんの目」
③ 桂 文我:作・長谷川 義史:絵  紙芝居 「うなぎにきいて」
④ 藤沢 周平 作 「驟り雨」
⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 堀尾 青史 作・丸木 俊 絵 紙芝居 「天人のはごろも」   (朗読:堀 多佳子さん)


天人のはごろも①.jpg


天人が水浴びしているところで、羽衣を取ってしまった総助。
はごろもは知人の権兵衛を通して呉服屋へ、お城の殿様へと渡って行きます。


DSC_1351.JPG


今回 「紙芝居」 初挑戦の堀さんが、天人の浮世離れした雰囲気をうまく表現して読んでくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② あまん きみこ 作 「おかあさんの目」  (朗読:小笠原 清子さん)


おかあさんの目.jpg
「うつくしいものに出会ったら、いっしょうけんめい見つめなさい」 

ひざの上で、うんと近づいて話をしたからこそ見ることができた 「瞳の中の世界」
遠い昔のことを思い出させてくれる、柔らかい一冊です。


DSC_1361.JPG


ふくよかで優しさにみちた 「あまんきみこの世界」 に、くろい けんさんの詩情ゆたかな挿絵がぴったりの絵本を、
今回は、小笠原さんが、親娘の会話を優しい眼差しで読んでくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 桂 文我 作・長谷川 義史 絵 紙芝居 「うなぎにきいて」   (朗読:八幡 靖子さん)


うなぎにきいて①.jpg


うなぎの季節にピッタリの、とにかく読む人も聞く人も楽しい作品です。
桂 文我さんのコミカルな関西弁の文章と、子供たちに大人気の長谷川義史さんの絵は、
これ以上ないというほどマッチしていて、オチもたまらなくおもしろい作品です。


DSC_1356.JPG


うなぎのニュルニュルした感じを、今回は八幡さんがお得意の関西弁で、登場人物になりきって実に楽しく演じてくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


④ 藤沢 周平 作 「驟り雨」   (朗読:三浦 由子さん)


はしり雨.jpg


激しい雨の中、一人の盗っ人が八幡さまの軒下に潜んで、通り向いの問屋の様子を窺っていた。
その眼の前へ、入れかわり立ちかわり雨やどりに来る人々。そして彼らが寸時、繰り広げる人間模様......。


DSC_1363.JPG


抗いきれない運命に翻弄されながらも江戸の町に懸命に生きる人々を、陰翳深く描iいた藤沢作品。
今回は、三浦さんが情緒豊かに表現してくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 (朗読:全員で)


そこに日常があった。.jpg


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。


「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_1368.JPG


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

当日の様子はこちらから http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-297.php