朗読ボランティア 「杜の音通信」 (H30年10月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
10月は、東 直子:作 「とりつくしま」 より、以下の3作品を朗読しました。


① 「ロージン」
② 「青いの」
③ 「マッサージ」


とりつくしま.jpg 表面 決定稿.jpg


この作品は、10月28日に、せんだいメディアテーク「朗読劇」 として上演するもので、
今回上演の8作品の中から3作品を、先月に続き杜の音の皆さんに聞いて頂きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 東 直子:作 「とりつくしま」 より 「ロージン」  (朗読:宮崎 幾野さん)


「あなたは、とりつくものを探している気配をおおいに出しています。
あなたが、その気配を出している内は、この世にある何かにとりつくことができるのです」


DSC_2792.JPG


「陽一の側にいたいです。せめて最後の公式戦をみとどけられるくらいに・・・・・」


中学生の息子を残して、病気で亡くなった40代の母親は、
息子が使っているロージンバックの中の粉 「ロージン」 になって、息子の試合を見守ります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 東 直子:作 「とりつくしま」 より 「青いの」   (朗読:奥村 志都佳さん)


「つまり・・・君は死んでしまったんですよ。
君は今、なりたいモノになれるのです。なりたいな・・・と思うモノを、一つだけ言ってみて下さい」


DSC_2794.JPG


「じゃあね、青いのになる。上がるんだよ!いちばん高くて、いちばんすごいんだよ!」


幼稚園の男の子は、大好きだった公園の 「青いジャングルジム」 になって、友だちやお母さんが遊びに来てくれるのを待ちます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 東 直子:作 「とりつくしま」 より 「マッサージ」  (朗読:佐藤 稔)


「いや! モノとかそういうのじゃなくて、もう1回、おれを生き返らせてくれないですかね!」


DSC_2797.JPG


「おれ、やっぱり、ほんとに、死んだんだなあ」
「おれの人生って、なんだったんだろう・・・」


病気で突然亡くなったお父さんは、ボーナスで奮発した 「マッサージチェア」 になって、家族を見守ります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_2798.JPG


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

★ 当日の、詳しい模様は、こちらをご覧ください!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-3010.php


朗読劇 「とりつくしま」 の詳細は、こちらをご覧ください!
http://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/post-108.php


NPO日本朗読文化協会 のホームページに、チラシが掲載されました!
http://www.rodoku.org/upload/news_20181022111022421.pdf