朗読ボランティア 「杜の音通信」 (4月号)


昨年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
4月は、志賀直哉の 「転生」 と、川端康成の 「雪隠成仏」 を読みました。


杜の音 4月②.jpg


志賀直哉の 「転生」 は、気の利かない細君と癇癪持ちの夫の物語で、
生まれ変わったら今度は人間ではなく、同じ動物になって仲良く暮らそうと約束した
夫婦におきる出来事を、おとぎ話風に仕上げた作品です。


川端康成の 「雪隠成仏」 は、「花見のトイレ問題」 を題材にした作品で、
「貸トイレ」 でひと儲けしようとした夫に起こる事件を描いています。


いずれも 「明治の文豪がこんな作品を書いていたの?」 とちょっと意外な感じのする短編で、
どちらも 「夫婦物」 で、くすっと笑えて、ちょっと怖い落ちがついています。


朗読にあたって毎回考えるのは、作品の紹介の仕方。「落語のまくら」 のようなものです。
ちなみに、「雪隠成仏」 の紹介はこんな感じです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


仙台にも、やっと桜の 「開花宣言」 が出されました。
「開花宣言」 が出されれば、いよいよ 「お花見」 のシーズン到来。
桜の木の下では、毎日のようにブルーシートの 「陣取り合戦」 が繰り広げられます。


桜を愛でながら 「飲めや飲めやの大騒ぎ」 となれば、当然のことながら行きたくなるのは 「トイレ」
近頃は、簡易トイレが設置されているところも、多くなっていますが、
それでも、どこのトイレも長蛇の列で、モジモジしながら順番を待っている光景をよく目にします。


この 「お花見のトイレ問題」 は、どうやら今に始まったことではないようで、
明治の文豪、川端康成が、この 「花見のトイレ問題」 を題材に、面白い作品を書いています。


「川端康成」 といえば、「雪国」 や 「伊豆の踊子」 などで有名な、
日本初のノーベル文学賞を受賞した作家ですね。


ちなみに 「トイレ」 は、実に様々な言い方がありますね。
皆さん、思いつくままに言ってみてください。(すると、次々と声が上がりました)


「WC」 「お手洗い」 「化粧室」 「お便所」 「御不浄」 「はばかり」 「厠」 「手水場」 そして 「雪隠」


そうです 「雪隠」 題名は 「雪隠成仏」
どうやら、「お手洗い」 で何やら事件が起こるようです。


それでは、お届けしましょう。  川端康成作 「雪隠成仏」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回は、皆さんから出た 「言葉」 をホワイトボードに書き出していきました。
耳で聞くだけでなく、目で見ることで、より楽しんで頂けたようです。


毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
読む人も聞く人もお互いに楽しめるように、工夫していく事が大切と思っています。


そして読んでいる間の 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 や 「楽しかった」 の声。
「朗読して良かった~」 と思う一瞬です。


そうした声を励みにして、また次回へと進んでいきます。
私たちのできることとして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思います。


杜の音 4月①.jpg


「チーム杜の音」 関連記事
◆ 朗読ボランティア 「チーム杜の音」 http://www.stage-up.info/cat6/post-60.php
◆ 今年も 「雛」 を朗読しました http://www.stage-up.info/person/cat1/post-235.php