「口紅のとき」 お客様からの声 ダイジェスト

12月3日に行われた、ステージ・アップの講演
朗読劇 「口紅のとき」 に寄せられた、お客様からの声ダイジェストでお届けします。


◆12歳の祖母の死。赤い旅行カバンと赤い紅で、旅立つシーンが心に残りました。

◆18歳の卒業式のピンクの口紅。みずみずしくてよかったです。

◆若い頃の自分を思い出しました。今幸せです。

◆長野淳子さんは、さすがです。圧巻でした。

◆お疲れ様でした。良かったよ。長野はさすがです。最後の79歳、八幡さん凄く良かった。

◆隣の席の方が、65歳と79歳のところで、ずっと泣きっぱなしでした。

◆79歳の話、語りが自然で良かった。やはり自分の年齢に近い話が、身につまされた。


はな.jpg はな (4).jpg

◆作品の世界に入り込んでしまい、涙が自然にあふれて、止めるのに苦労しました。

◆各年代とも、心情溢れる熱演でした。

◆朗読会素晴らしかったです、感動をありがとう!!
ゴージャスな演出、「口紅のとき」 に相応しくとてもすてきでした。うっとりでした。   

◆素晴らしい舞台を観劇させていただきました。ありがとうございました。
昨年も拝見しましたが、同じ役が、演者によってその人の人柄や解釈で、こんなに違うものになることを改めて教えて頂きました。

◆会場の雰囲気、ステージのセット、演出、出演者の個性など、すべてがセンスの光る朗読劇で、
改めて朗読の楽しさと奥深さを実感しました。


はな (2).jpg

   
◆一人の女性の来し方行く末が、きちんとつながりました。
一人ではあるけれど、すべての女性が感じる事が語られていました。

◆出演された方々、スタッフの方々のご努力に感動です。また、長野先生のご奮闘には敬意しかありません。
当日の晴れ渡った空が、皆さんの緊張を溶いてくれたと思いました。また、朗読の時間を作りたいなと思いました。
  
◆女性の時間を共有する自分と重なり、すべて心に残りました。

◆朗読会 大成功おめでとうございます!
皆様の努力と先生の御苦労が見事に結実したのだと、感慨深かったです。

◆先生や他のキャストの方々とお話できて、とても嬉しかったです。
又 朗読会を聴きに行ければ良いなと思っています。音楽 とても良かったです。
   
◆先生のご指導と、それにしっかり応えた出演者の皆さん、感動の余韻に浸りながら帰りました。
素晴らしい舞台でした。ありがとう御座いました。お疲れ様でした。
   

はな (5).jpg はな (3).jpg


◆昨日はお疲れ様でした。大盛会でしたね。
沢山の方が聞きにいらしたことが、これまでの実践が如何に素晴らしいものであったかを物語っていました。

◆今回も素晴らかったです。特にやっぱり長野先生は流石の演者でした。もう、感動しっぱなし。
また、私も頑張ろうと思いました。ありがとうございました。
   
◆とても素晴らしい舞台でたっぷりと楽しませて頂いた週末の午後でした。
同伴の友達も出演された方々にすっかり感心しておりまして、私自身とても嬉しかったです。

◆舞台装置のライトやお花も、題名に合った色合いで素敵でした。
勿論音楽も品格と優雅さをたたえながら、一話一話に相応しい雰囲気を奏していて
舞台全体におちついた雰囲気を感じながら、女性の人生行路を辿ることができました。

◆ベテランの早坂さん八幡さんはいうに及ばず、初舞台の野呂さんに心からの拍手を送ります。
そして、次々と素敵な方々を育て上げて居られる長野先生に改めて大拍手をお送りいたします。


はな (9).jpg


※お客様からの声はこちら
http://www.stage-up.info/contents/voice2.php