「朗読の日」 公演 東京銀座 博品館劇場にて開催


NPO日本朗読文化協会 主催の 「朗読の日」 の公演が、今年も開催されます。


第12回 朗読の日.jpg


☆ 会場:銀座博品館劇場


☆ Aステージ:6月21日 ㈯ 11:00~13:30
☆ Bステージ:6月21日 ㈯ 16:00~18:30
☆ Cステージ:6月22日 ㈰ 11:00~13:30
☆ Dステージ:6月22日 ㈰ 16:00~18:30
 

☆ 料金:3,000円 (全席自由)
☆ 開場:各公演とも30分前


回を重ねて12回目を迎える今回は、
6月21日㈯と 22日㈰の2日間、銀座博品館劇場で開催され、
今年も日本各地から、延べ70人以上の会員が、4つのステージに登場します。

私は 「朗読の日」 の公演には、第2回から参加し、
これまでは、向田邦子さんの作品を多く朗読してきましたが、
通算9回目の参加となる今回は 「60歳のラブレター」 を読むことになりました。


夫から妻へ、妻から夫へ、そして家族へ。 「60歳のラブレター」


この 「60歳のラブレター」 は、2000年11月22日(いい夫婦の日)に、
ご夫婦間のラブレターを、はがき1枚に綴る応募企画としてスタートしたもので
夫婦間の固い絆や、普段なかなか口に出せないご家族への感謝の気持ちなど
愛情あふれる思いが綴られていて、どの作品もそれぞれのご夫婦、ご家族の
歩んでこられた道のりや、情景が浮かんできます。

ラブレターに込められた 「想い」 を大切に 朗読したいと思います。

チケットのご用命がありましたら、どうぞ長野までご連絡ください。 http://www.stage-up.info/person/ask.php
公演の詳細は、NPO日本朗読文化協会のホームページをご覧ください。http://www.rodoku.org/