「新幹線の車中にて」 (上り編) ~春~

私は、月に何度か上京するため、新幹線を利用します。
乗るたびに毎回ドキドキしながら席に着き 「今日は当たり」 「今日ははずれ」 とつぶやきます。


3月も間もなく終わりというその日は、さすがに混んでいて、珍しく私は通路側の席でした。
仙台から乗り込んだ時には、すでに窓際の席には、若い女性が座っていました。


二十歳になるかならぬかの彼女は、今どきにしては珍しいほど飾り気のない服装で、
膝の前には大きなスーツケースが、そして膝の上の大きなリュックを大事そうに抱えています。


足をちじめて窮屈そうにしているので、リュックを上の棚に乗せたらいいのに、
スーツケースをデッキの専用スペースに置いたらいいのにと、私は思いました。


いつものおせっかいな私なら、きっとそうアドバイスしたと思うのですが、
なぜか、その日の私は何も言えませんでした。


それは彼女に、人を寄せ付けない、ピーンと張りつめた緊張感のようなものを感じたからです。


彼女は、参考書のような本を、抱えたリュックの上に広げて、静かに読んでいます。
そして、時折届くメールに、その都度丁寧に返事を打っているようでした。


その内に私は、いつものように、ウトウトしてしまいました。

しばらくして 「次は上野、上野です」 と言う車内アナウンスに目を覚ますと、
彼女は、降りる準備を始めていました。


「大学に進学?」 と、思わず声をかけてしまいました。
彼女は、一瞬驚いたように目を見張った後、少し笑って 「はい」 と答えました。


ほとんど化粧っ気のない顔に、ストレートの髪を無造作に束ねた彼女は、
「どちらから?」 と尋ねる私に、「岩手です」 と答えました。


彼女の顔に少し赤みがさして、さっきまで全身にまとっていた緊張感が、
す~っとほどけていくのがわかりました。
もっと早く声を掛ければよかったなと思っている内に、新幹線は上野駅のホームに滑り込みました。


リュックを背負うために立ち上がった彼女に、私も立ち上がって通路を開けながら、
「すてきな学生生活でありますように・・・・・行ってらっしゃい!!」 というと
彼女は 「ありがとうございます」 といって、笑顔を見せてくれました。


そして大きくひとつ深呼吸をすると、スーツケースを押して降りていきました。
そして、ホームに降りると、私の方を向いてぺこりとお辞儀をしました。


「おめでとう」 「ありがとう」 「さようなら」 「がんばれ」 そんな言葉が行きかう季節。
春の息吹に背中を押されて、歩み出す時である。


「天声人語」 に載っていたそんな言葉を思い出しながら、
列車で偶然隣り合わせた、名前も知らない彼女の新生活に、幸多かれと祈りました。


そして、「今日はあたり」 と、小さくつぶやきました。


けやき並木.jpg


「新幹線の車中にて」 (はずれ編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-82.php
「新幹線の車中にて」 (上り編) その2 http://www.stage-up.info/person/cat1/-2-3.php
「新幹線の車中にて」 (下り編) その2 http://www.stage-up.info/person/cat1/-2-2.php
「新幹線の車中にて」 (下り編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-68.php
「新幹線の車中にて」 (上り編) http://www.stage-up.info/person/cat1/post-67.php