「亘理での 懐かしい再会」


先日、東京からの客人を、亘理の荒浜に案内した。
そこは、遠方から客人が来ると、海の幸を食べによく行ったところだった。


その人は
「被災地を訪れ、そこで買い物や食事をすることで、少しでも被災した人々の役に立ちたい。
それぐらいしか自分にはできないから」
といった。


それぞれの 「支援の仕方」 があると思った。


津波で甚大な被害を受けた荒浜は、今かさ上げ工事が着々と進んでいる。
その荒浜に昨年の3月、新たな観光拠点が誕生した。


その名も
「亘理町荒浜 にぎわい回廊商店街」


荒浜①.jpg


アルミ製のアーケードが目を引く商店街は、全天候型のような雰囲気になっていて
メーンストリートには、サーフショップ、海鮮丼などを提供する食堂、カフェ、居酒屋など
震災後、ふるさと復興商店街で営業を続けてきた店を含む8店舗が入り、
それぞれ荒浜の地から再出発を果たしていた。


荒浜②.jpg 


私たちは、その中の 「魚屋ひで」 という食堂に入った。
店の中には、焼き魚など地元亘理の海の幸が、美味しそうに並んでいた。


荒浜③.jpg


そこで、嬉しい 「偶然の再会」 があった。


店に入り料理を注文していると、注文を受けていた女性が、
私の顔をしげしげとみながら 「長野さんですよね」 と言った。
「はい」 と答えながらも、なかなか思い出せないでいる私に、その女性は言葉を続けた。


「わたし21年前に長野さんに披露宴で司会をしてもらいました!」
「翌年生まれた息子は、今年二十歳になりました!」


そして、
震災で自宅は全壊になったが、家族は全員無事ですでに自宅を再建したこと。
今は、同級生のお父さんがやっているこの食堂を手伝っていること。
などを、明るく屈託のない笑顔で話してくれた。


覚えていてくれたことに感激しながら、声を掛けてくれたことに感謝しながら、
震災後の年月を一生懸命歩いてきたであろう彼女の笑顔に、心から拍手をおくった。


今度は、お客さんをいっぱい連れてくることを彼女に約束して、私たちは店を後にした。
久しぶりに、大きな力をもらったような気がした。
なんとも嬉しい 「偶然の再会」 だった。


荒浜④.jpg


★「震災から2か月」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-34.php
★「被災地の人になって」 http://www.rodoku.org/news/201107rodoku.pdf
★「被災地での朗読ボランティア」 http://www.rodoku.org/news/2012spring.pdf
★「朗読ボランティアの報告」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-53.php

★「あの日から1年」 http://www.stage-up.info/person/cat1/1.php
★「あの日から1年半」 http://www.stage-up.info/person/cat1/1-1.php
★「朗読と涙」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-69.php
★「白いネクタイ」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-70.php

★「震災番組出演」 http://www.stage-up.info/person/cat1/311.php
★「忘れないということ」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-78.php
★「震災番組に思うこと」 http://www.stage-up.info/person/cat1/post-172.php
★「あの日から4年」 http://www.stage-up.info/person/cat1/4-1.php
★「あの日から5年」 http://mbp-miyagi.com/stage-up/column/13065/