「女性のための朗読会」 に出演して (佐藤 稔)

  
佐藤稔 [posted:2021.01.24]

宮城県シルバー人材センター連合会 主催の 「女性のための朗読会」 が、
12月15日 多賀城市文化センターで上演されました。


DSC_2565.jpg1.jpg


今回私が朗読したのは、角田光代 作 「彼女のこんだて帖」 より 「豚柳川できみに会う」


彼女のこんだて帖.jpg DSC_0057.JPG


これまで一度も料理をしたことがなかった男性が、亡くなった奥さんの料理がどうしても食べたくて、
料理教室に通いだすところから、物語は始まります。


舌にも胃袋にも美味しい料理は、幸せを生み、人をつなぐ。
エピソードに出て来る料理のレシピが巻末にあって、料理のイメージも楽しめる作品です。


今やコンビニやスーパーで、簡単に済ませられる食事ですが、料理を作ることがどれだけ大事か、
そこには大切な人への想いがあるということを、改めて考えさせられます。


DSC_2858.jpg1.jpg


本番に臨むに当たり、当然準備万端、レッスン等も積み重ねているところであり、
揺るぎの無い気持ちで、臨めたと感じていました。


IMG_4598.jpg1.jpg


ところが、本番とはどんな世界に属するモノなのでしょうか...?


読みが、燃え上がる様にすらすらと進んでいると感じていたのですが、
後半部分を過ぎてから、突然喉がいがらっぽい感じになってしまいました。
それでも何とか最後迄終了させることが出来ましたが、かなり冷や汗をかきました。


勿論事前の対策、うがい薬でうがい、のど飴、睡眠を充分にとる、水分も補給していました。
それなのに何故...?


IMG_4599.jpg1.jpg


原因について、自分なりに考えてみました。


それは、読みに夢中になるあまり、自分の発声のキャパを越えてしまったのだと思います。
常日頃の喉の訓練、ケアの重要性、その会場等における、その時の自分のキャパの認識が大事だと強く感じました。


IMG_3600.jpg1.jpg 20201217_160735.jpg1.jpg


勉強、勉強、また勉強。
本当に常日頃の修練が大事だという事を、再認識させられました。
勉強とは、一生ものと常日頃感じておりますが、正に痛烈に感じさせられました。


DSC_2815.jpg1.jpg


結びに、こういう場を提供して頂けました事、心から感謝申し上げます。感謝感激です。(佐藤 稔)

★ 「女性のための朗読会」 へのお客様からの感想はこちら
https://www.stage-up.info/voice/cat25/20201215.php