朗読ボランティア 「杜の音」 通信 (H28年 11月号)

  
朗読メンバーブログ [posted:2016.11.30]

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
11月は、以下の5作品を朗読しました。


① 伊藤  浩 作 「帰ってきた小船」
② 小川 未明 作 「島の暮れ方の話」
③ 角田 光代 作 「口紅のとき」 より 「18歳」
④ 角田 光代 作 「口紅のとき」 より 「47歳」
⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

① 伊藤  浩 作 「帰ってきた小船」  (朗読:蓬田 則子さん)


帰ってきた小船①.jpg 帰ってきた小船②.jpg


東日本大震災から5年の3月11日。
津波で漂流し発見された、石巻市雄勝町波板の和船 「第2勝丸」 がハワイ州オアフ島から奇跡の帰還を果たしました。
そこには、たくさんの人たちの国を超えた、行動がありました。


帰ってきた小船③.jpg 帰ってきた小船④.jpg

船は今、「震災遺構」 として波板の海の見える場所に置かれ、「物言わぬ語り部」 として震災の教訓を伝えています。

帰ってきた小船⑤.jpg 帰ってきた小船⑥.jpg

歴史的にも珍しい貴重な出来事だけに、多くの子どもたちの記憶にも残してもらいたい、というの思いから
「帰ってきた小船」 と題して、伊藤浩さんが童話風に再現しました。石川かおりさんの絵も、とてもステキです。


蓬田さん.jpg 則子さん.jpg

三陸河北新報社「石巻かほく」 に掲載された作品を、蓬田さんが紹介してくれました。
お客様から、「忘れてはいけないこと、語り継いでいきたいことが、たくさんありますね」 という感想が寄せられました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 小川 未明 作 「島の暮れ方の話」  (朗読:佐藤 洋子さん)

「赤い蝋燭と人魚」 「のばら」 などで知られる 「小川未明」
「日本のアンデルセン」 「日本児童文学の父」 と言われています。


小川未明.jpg

早春のたそがれ時、南方の暖かい島で旅人が出会った 「美しい女」
その女は、旅人に道を教えると、花の咲く細道を、波の音の聞こえる山のすそへとゆきました。

次の日、女が立っていた家の門に行ってみると、そこには・・・・・

佐藤さん.jpg 洋子さん.jpg

今回は、佐藤さんが 「小川未明の世界」 を、穏やかに表現してくれました。
佐藤さんの優しい声が、作品にぴったりで、お客様も喜んでくださいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

③ 角田 光代 作 「口紅のとき」 より 「18歳」  (朗読:三浦 由子さん)

この作品は、人生の折々に登場する一本の 「口紅」 を通して、一人の女性の 「生き方」 を描いた 「短編小説」 です。
昨年のステージ・アップの朗読会で、ダイジェスト版を朗読したところ、好評を頂いたもので、
それを受けて今年は、朗読メンバー8人で、全編をお届けすることになりました。


口紅のとき 本.JPG 口紅のとき.jpg


12月の公演に先駆けて、今回読ませて頂いたのは、
高校の卒業式の日に、同級生の彼氏から 「1本の口紅」 をプレゼントされる 「18歳」


由子さん.jpg 三浦さん.jpg


10分ほどの短編ではありますが、作者の角田光代さんは、言葉の端々まで世界を構築していて、
初恋の切なさを描いた 「18歳」 は、何回読んでも飽きることがない・・・という三浦さん。


本をさらりと読んだだけ以上のものを 「朗読」 は伝えることができるのではないかと、
その可能性にワクワクしながら読んでくれました。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


④ 角田 光代 作 「口紅のとき」 より 「47歳」   (朗読:渡部 敦子さん)


続いては、同じく 「口紅のとき」 から、17歳の娘の誕生日に 「口紅」 を贈る 「47歳」 の母親

渡部さん.jpg 敦子さん.jpg


渡部さんの 「娘さん」 が年頃になった時、この作品と同じような気持ちになったことがあったそうで、
母親の娘への 「愛情が感じられる朗読」 に、お客様から優しい拍手が送られました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⑤ 矢野 竜広 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 (朗読:全員で)

「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。

そこに日常があった.jpg


「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて、
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
「読む人」 も 「聞く人」 もお互いに楽しめるように、工夫していますが
読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


「チーム杜の音」 関連記事

◆「杜の音通信」(H28年1月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28.php
◆「杜の音通信」(H28年2月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-282.php
◆「杜の音通信」(H28年3月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-3.php
◆「杜の音通信」(H28年4月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/9-2.php
◆「杜の音通信」(H28年5月号)http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-92.php
◆「杜の音通信」(H28年6月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-79.php
◆「杜の音通信」(H28年7月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-75.php
◆「杜の音通信」(H28年8月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-1.php
◆「杜の音通信」(H28年9月号)http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-2.php
◆「杜の音通信」(H28年10月号)http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-10.php