朗読ボランティア 「杜の音」 通信 (H28年 9月号)

  
朗読メンバーブログ [posted:2016.09.30]

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
9月は、以下の5作品を朗読しました。


① 岩國 哲人 作 「おばあさんのしんぶん」
② 沢村 貞子 作 「私の浅草」 より 「紅い鼻緒」
③ 川端 康成 作 「掌の小説」 より 「雨傘」
④ 向田 邦子 作 「無名仮名人名簿」 より 「メロン」
⑤ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 岩國 哲人 作 「おばあさんのしんぶん」  (朗読:渡部 敦子さん)


おばあさんのしんぶん.jpg


新聞少年のてっちゃんに新聞を読ませてくれていた老夫婦。
その、おばあさんが亡くなり、てっちゃんがはじめて知った事実は・・・。


「新聞配達に関するエッセーコンテスト」に寄せられた岩國哲人さんの最優秀作品から生まれたこの絵本。
政治家となった岩國さんの実話をもとにしたお話です。


てつおにとって、子どもにとって、新聞を配達するという仕事、そして新聞を読むということ、
まわりに助けられてきたということ、それらがどれだけ人生の糧となってきたか。


絵本を読むだけで、その感謝の気持ちが心から伝わってきます。
時代や環境が変わっても、このエピソードはきっと子どもたちの心のどこかに響いてくれることでしょう。


2016 9月②.jpg 2016 9月①.jpg


作品の内容はもちろんのこと、松本 春野さんの文と絵がとてもステキなので、
今回は、大きな絵本を皆さんに見て頂きながら、渡部さんが朗読する形をとりました。
耳で聞くだけでなく、目で見ることで、より楽しんで頂けたようです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 沢村 貞子 作 「私の浅草」 より 「紅い鼻緒」   (朗読:蓬田 則子さん)


沢村貞子.jpg 私の浅草.jpg


この作品は、浅草の生まれ育った著者が、東京下町の人々の人情あふれる暮らしぶりと、子供たちの生活、
四季折々の町の表情、そして亡き父母、兄弟の思い出を、細やかな筆で綴ったエッセイ集です。


2016 9月③.jpg 2016 9月④.jpg


今回は、想われ人に 「紅い鼻緒」 の日和を盗まれた主人公(15歳)が、
初めて貰った恋文にオロオロする様子を、蓬田さんが何とも初々しく朗読してくれました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 川端 康成 作 「掌の小説」 より 「雨傘」   (朗読:宮崎 幾野)


掌の小説.jpeg


川端康成が、20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた、掌編小説を収録した作品集。


2016 9月⑤.jpg 2016 9月⑥.jpg


「雨傘」 で繋がった少年少女の、短い間の特別な間柄が美しく描かれた作品。
ふとしたやりとりににじむ、相手への繊細な感情の描写を、宮崎さんが見事に表現してくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


④ 向田 邦子 作 「無名仮名人名簿」 より 「メロン」   (朗読:長野 淳子)


無名仮名人名簿.jpegのサムネール画像


一度でいい、一人で一個、いや半分のメロンを食べてみたいと思っていた・・・・
「メロン」は、高い値段を気にしながら、六分の一ほどを、劣等感と虚栄心と闘いながら食べるところに、
この果物の本当の味があるらしい。


向田さん.jpg

正月の京都に遊んだ時、つい浮かれて初売りの八百屋で高級メロンを買い、
ホテルで喜び勇んで同行の人達に振る舞ったところ、見事に外れだったというお話など、
「メロン」 にちなんだエッセイ。

読み終わった後、お客様から

「私も同じような経験をしたことがあります」
「向田さんの作品は、いつ聞いても何度聞いてもいいですね」

という感想を頂きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⑤ 矢野 竜広 作  「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」 (朗読:全員で)


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。


そこに日常があった。.jpg

「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「この詩のコピーを部屋の壁に貼っています」 という方もいて、
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 とおっしゃって下さいました。


2016 9月⑦.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎回、作品選びに始まって、登場人物の配役やBGMなど、
「読む人」 も 「聞く人」 もお互いに楽しめるように、工夫していますが
読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

2016 9月⑧.jpg


「チーム杜の音」 関連記事

◆「杜の音通信」(H28年1月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28.php
◆「杜の音通信」(H28年2月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-282.php
◆「杜の音通信」(H28年3月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-3.php
◆「杜の音通信」(H28年4月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/9-2.php
◆「杜の音通信」(H28年5月号)http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-92.php
◆「杜の音通信」(H28年6月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-79.php
◆「杜の音通信」(H28年7月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/post-75.php
◆「杜の音通信」(H28年8月号) http://www.stage-up.info/contents/cat9/-h28-1.php