朗読メンバーブログ

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (5月号)  朗読メンバーブログ [posted:2015.05.31]

昨年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」 5月は、「泣いた赤鬼」 と 「ニングルの森」 そして 「ぜつぼうの濁点」 を読みました。 ① 浜田廣介 作 「泣いた赤鬼」 おなじみの童話 「泣いた赤鬼」 今回は、田中憲子さんが初の 「一人読み」 に挑戦しました。 ・・・

朗読劇 「悪女について」 秋田公演ダイジェスト (長野淳子)  朗読メンバーブログ [posted:2015.04.29]

4月25日㈯ 朗読劇 「悪女について」 の秋田公演が無事上演されました。    当日はお天気にも恵まれ、昼の部・夜の部合わせて150名近くのお客様がお越し下さり、 会場のココラボラトリーは、開演前から熱い熱気に包まれました。 有吉佐和子原作のこの作品は、「魔性の女」 「稀代の悪女」 と言われた、・・・

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (4月号)  朗読メンバーブログ [posted:2015.04.20]

昨年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」 4月は、志賀直哉の 「転生」 と、川端康成の 「雪隠成仏」 を読みました。 志賀直哉の 「転生」 は、気の利かない細君と癇癪持ちの夫の物語で、 生まれ変わったら今度は人間ではなく、同じ動物になって仲良く暮らそうと約束・・・

ステージ・アップ 卒業のご挨拶 (弓子)  朗読メンバーブログ [posted:2015.03.31]

この度、結婚を機に仙台を離れることになったため、ステージ・アップを卒業することになりました。 短い間ではありましたが、ステージ・アップで学んだこと、経験したことは数え切れません。 感謝の気持ちを込めて、簡単ではありますがメッセージを送らせていただきます。   私がステージ・アップの門を叩いたのは2年・・・

朗読ボランティア 「杜の音通信」 (2月号)  朗読メンバーブログ [posted:2015.03.05]

「雛祭り」 のこの時期に必ず一度は読む、芥川龍之介の 「雛」 これまでも、丸森の 「斎理屋敷」 や 「お茶会」 の席で朗読しましたが、 今年は、高齢者施設のギャラリー杜の音で、朗読ボランティアのメンバーと一緒に読ませて頂きました。 玄関を入ってすぐの広々としたロビーに、ひな飾りが飾られ、私たちを優し・・・

日本朗読文化協会の会報誌に 記事が掲載されました! (長野淳子)  朗読メンバーブログ [posted:2015.02.22]

私 長野が会員として所属している NPO日本朗読文化協会   http://www.rodoku.org/index.php その会報誌 「朗読ニュース」 2015年春号に、長野の記事が掲載されました。 「~地方からの発信~ 仙台から 長野淳子」 詳しくはこちらをご覧ください!! h・・・

朗読劇 「悪女について」 仙台公演ダイジェスト (長野淳子)  朗読メンバーブログ [posted:2015.01.21]

11月16日㈰ せんだいメディアテーク7階の スタジオシアターにおいて ステージ・アップ主催の朗読劇 「悪女について」 が上演されました。  この作品は、以前NPO日本朗読文化協会の会員で、東京と横浜で上演したもので、 今回は、私が主宰するステージ・アップの朗読メンバーで上演しました。 有吉佐和子原・・・

朗読ボランティア 「チーム杜の音」  朗読メンバーブログ [posted:2015.01.15]

ステージ・アップでは、震災後、仮設住宅や病院などで、朗読ボランティアを行ってきましたが、 この度ご縁を頂いて、仙台市内の高齢者施設に定期的に伺うことになりました。 昨年の9月から、月1回のペースで伺っているのは、 泉区にある住宅型有料老人ホーム 「ギャラリー杜の音」 リビング仙台の 「大人のための朗・・・

新年のご挨拶 (えり)  朗読メンバーブログ [posted:2015.01.14]

謹んで初春のお慶びを申し上げます。 本年も皆様にとって実り多き一年でありますようお祈り申し上げます。 昨年は、初めて 「朗読劇」 というスタイルでの朗読にチャレンジしました。 ひとつの文芸作品を聴く人の心に届ける 「朗読」 に、視覚的要素もプラスする 「朗読劇」 は 演劇経験のない私にとってたいへん・・・

朗読劇 「悪女について」 を振り返って (早坂ふく子)  早坂ふく子 [posted:2014.12.01]

今回の朗読劇 「悪女について」 は、劇と銘打っている通り、一人芝居の要素が濃い物でした。 特に私が演じた 「渡瀬小静」 には,7人の人物が登場するためそれぞれの掛け合いが、 まるで落語のようで私にとってはやりがいのあるものとなりました。 相手の出方によって受け手の返し方が変わってくるという・・・

Page: <<前の10件  8 < 9 < 10 < 11 < 12 < 13 < 14 < 15 < 16 < 17 < 18