朗読会 「ライブリーディング ブーケ Vol,3」 ご報告 (長野淳子)

  
朗読メンバーブログ [posted:2015.12.27]

12月6日㈯ 13時30分から ホテルメトロポリタン仙台 4階 芙蓉において ステージ・アップ 主催の朗読会

「ライブリーディング ブーケ vol,3」 ~言葉をこころの窓にして~  が開催されました。


メトロ①.JPG メトロ②.JPG


ステージ・アップではこれまで、様々な楽器の演奏とのコラボレートや朗読劇などを行って参りましたが、
今回は、私が主宰するグループ 『ステージ・アップ』 の朗読メンバーと、
私が講師を務めている リビング仙台の 『大人のための朗読講座』 の受講生が一堂に会し、
年齢も、職業も、ライフスタイルも様々なメンバーが、一輪の花を 一本一本束ねて ブーケにするように、
童話・エッセイ・短編小説・詩など、様々な作品をお届けしました。


花束④.JPG プログラム①.JPG


当日はお天気にもお恵まれ、開場30分前からぞくぞくとお客様がお見えになり、受付には長蛇の列。


受付①.JPG 受付②.JPG


出演者へのお祝いの花束やプレゼントなどが続々と届き、受付けは大わらわ。


プレゼント①.JPG プレゼント②.JPG


会場内もほぼ満席状態で、熱い熱気に包まれました。


客席③.JPG 客席①.JPG


今日は、当日の模様と共に、皆様から頂いた 「感想」 をご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


◆ 司会  (及川真奈美)

及川さん①.JPG 及川さん②.JPG

☆司会の方のお声がすてきでした。
☆司会の方素適でした。ありがとうございました。
☆司会の方の話し方が、品がありすてきでした。


<第一部>

◆ 童話 グリム童話より 「マレーン姫」  (武田博子)

武田さん①.JPG 武田さん③.JPG 武田さん⑰.JPG

☆歌があって面白かった。マレーン姫になりきっていて、話がスッと入ってきた。
☆「マレーン姫」はドレスアップしていて、映像として見えた。
☆語りが、雰囲気があってすばらしかったです。


◆ エッセイ 大橋鎭子作 「すてきなあなたに」より  (小笠原清子・林裕貴子・吉田睦美)

素適な 小笠原さん①.JPG 素適な 林さん①.JPG 素適な 睦美さん⑧.JPG


☆「すてきなあなたに」 は、作品がいい。いつもいい。
☆エッセイの朗読がとても良かったです。


◆ 童話 村岡花子作 「黄金の網」  (早坂ふく子)

早坂さん①.JPG 早坂さん③.JPG

☆「黄金の網」 物語の内容と声・話し方 すべてがマッチしている。
☆早坂さん堂々としていらして、かっこよかったです。
☆早坂ふく子さんの朗読、表情、全てステキでした。
☆映像がなくても、その情景や場面が思いうかんできました。とてもすばらしかったです。


今回は、朗読作品とBGMに使用したCDを会場内に展示しました。

本とCD.JPG 花束⑤.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<第二部>

◆ 短編小説 角田光代作 「口紅のとき」 (チーム口紅のとき)

口紅 多田さん④.JPG 口紅 松本さん①.JPG 口紅 八幡さん①.JPG

☆「口紅のとき」 あの文章が、こんなステキな物語を奏でるなんて、本当にすてきでした。
☆「口紅のとき」 3人とも最高でした。心が伝わりました。
☆このような 「心の思いを素直に届ける朗読」 を聞きたかった!
☆「口紅のとき」 を聞いて、隣りの席の方が泣いていらした。
☆登場人物と読み手が、違和感なくぴったり合っていたように思う。
☆それぞれのニュアンスに惹きつけられ、クライマックスに胸がドキドキした。
☆3人が終わるまで拍手を我慢するのが辛いくらいで、一人ずつ読み終わったところで拍手をしたかった。
☆「口紅のとき」 は、1人1人が内容をしっかりつかんでいて、心をギュッと掴まれた。
☆一緒に行った友人も喜んでくれた。
☆「口紅のとき」 は本を買おうと思う。
☆「口紅のとき」 はそれぞれが作品をしっかりと読み込んでいて、気持ちが盛り上がっていた。
☆「口紅のとき」 がよかったと、みんな言っていた。


◆ 童話 原田宗徳作 「ぜつぼうの濁点」   (田中憲子)

今回は、初めてスクリーンに映像を出す演出をしました。

田中さん④.JPG 田中さん①.JPG

☆「ぜつぼうの濁点」 は面白かったので、早速自分も児童館で読んでみたいと思う。
☆「ぜつぼうの濁点」 も楽しかった。
☆「ぜつぼうの濁点」 はテンポが良く、声の質がたくさんあって、セリフ回しも楽しかった。
☆朗読会をきっかけに興味を持った 「ぜつぼうの濁点」 購入したので早速読んでみようと思います
☆「ぜつぼうの濁点」 おもしろかったです。ありがとうございました。


◆ エッセイ 向田邦子作 「身体髪膚」  (長野淳子)

長野③.JPG 長野①.JPG

☆代表の朗読はさすがです。
☆長野先生すばらしかったです。ありがとうございました。
☆長野先生の声の響きは、1人だけ違うマイクを使っているのかと思うほどだった。
☆先生の声のトーンが落ち着いていて、集中して聴くことができた。

◆ 詩 矢野竜広作 「当たり前のこと」  (全員の皆さんで)

当たり前のこと②.JPG 当たり前のこと⑤.JPG


☆最後の詩の朗読が良かった。
☆最後の全員での朗読が良かったです。


当たり前のこと①.JPG 当たり前のこと④.JPG


☆フィナーレで、矢野竜広さんの詩 「当たり前のこと」 を会場の全員の方と声を合わせて読んだ時、
全員の心が一つになったように思いました。


フィナーレ③.JPG 当たり前のこと.JPG


出演者それぞれに、持ち味を余すところなく発揮して、みんなすてきに輝いてくれました。
それにしても、みんな本番に強いなあ~と感心しました。


フィナーレ⑩.JPG 挨拶①.JPG


朗読会には、何年かぶりに再会した学生時代の友人や、朗読講座の受講生、
更に、東京や秋田など遠方からのお客様もおいでで、終演後のロビーはそれはそれは賑やかでした。


お見送り①.JPG お見送り②.JPG
お見送り④.JPG お見送り⑥.JPG


皆様から頂いた 「言葉」 を糧に、これからも文字に命を吹き込みながら
「言葉を心の窓にして」 様々な作品を伝えていきたいと思います。


お見送り⑧.JPG お見送り⑨.JPG
お見送り⑤.JPG お見送り⑩.JPG

あらためて、今回の公演にお越し頂いた皆様にそして、たくさんの応援を頂きました皆様に、
心からのお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


集合写真.JPG


お客様の声は、こちら
http://www.stage-up.info/voice/cat25/vol327126.php