「杜の音通信」 ダイジェスト (令和元年11月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」
62回目 を迎えた令和元年11月は、以下の4作品を朗読しました。


① 西本 鶏介 作・狩野 富貴子 絵 「さよなら、おばあちゃん」
② 「君へ。つたえたい気持ち三十七話」 より 「教えない」
③ 向田 邦子 作 「男どき女どき」 より 「嘘つき卵」
④ 矢野 竜広 作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 西本 鶏介 作・狩野 富貴子 絵 「さよなら、おばあちゃん」


さよなら、おばあちゃん.jpg


魂の救いとは何か。
大切な人との別れを、情感豊かに描いた心あたたまるお話。


DSC_0735.JPG


今回は、狩野 富貴子さんの優しいタッチの絵も見て頂きながら、田中さんが丁寧に読んでくれました。
杜の音の皆さんも、じっくりと聴き入って下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


②「君へ。つたえたい気持ち三十七話」 より 「教えない」


君へ。.jpg


「コミュニュケーション」 をテーマに、37名の作家たちによる ショートストーリー集。

「誰かへ伝えたいメッセージ」 を主題に、電話、FAX、メール での心の触れ合いが美しい作品集です。
   

DSC_0738.JPG


どんなに文明が進んでも、大切なことは変わらない と気付かされるエッセイ。

今回は福山さんが、藤澤 周 の世界を優しく届けてくれました。
杜の音の皆さんも、父親と幼い息子のやりとりに、目を細めながら聴き入ってくださいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 向田 邦子 :作 「男どき女どき」 より 「嘘つき卵」


「男どき女どき」 とは、世阿弥の 「風姿花伝」 の中にある言葉で、
何事も成功する時を男時、めぐり合わせの悪い時を女時といい、
「人生は、思いのままになる時もあれば、ならない時もある」 という意味です。


①「嘘つき卵」.jpg 向田さん①.jpeg


平凡な日常生活の中の 「ささやかな幸せ」 と、その隙間に隠れている 「小さなトゲ」 を見事に描いた、向田さん 最後の作品
30年以上も前に書かれた作品なのに、時代を超えたテーマが、心に響きます。


image1 (2).jpegのサムネール画像のサムネール画像


この作品は、12月の朗読会で読む予定の作品ですが、
今回は、朗読会に先駆けて、杜の音の皆様にお聞きいただきました。
読み終わった後、「向田さんの作品は、聞きごたえがありますね」 という感想を頂きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


④ 矢野 竜広 :作 「そこに日常があった。」 より 「当たり前のこと」


そこに日常があった。.jpg


「太陽がのぼること」 で始まるこの詩は、
「当たり前に思えてしまうこと その一つ一つが 本当は奇跡」 という内容で、
ステージ・アップの朗読会でいつも最後に、参加者全員で読んでいる詩です。


DSC_0741.JPG


「杜の音」 でも、いつも結びに全員で、音楽にのせて読みます。
「毎回この詩を朗読するのが楽しみです」 という方もいて、
「お友達にもコピーしてプレゼントしました」 とおっしゃって下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_0743.JPG


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」 「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
https://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/post-123.php