ライブリーディング「ブーケ」 出演者の声 ② Kiyoko

令和元年 12月8日㈰ 14時から ホテルメトロポリタン仙台 3階 星雲 において ステージ・アップ 主催の朗読会

「ライブリーディング vol,8 ブーケ 」 ~言葉をこころの窓にして~  を上演しました。


朗読会2019-決定.jpg


ステージ・アップではこれまで、様々な楽器の演奏とのコラボレートや朗読劇などを行って参りましたが、
今回は、私が主宰するグループ 『ステージ・アップ』 の朗読メンバーと、
私が講師を務めている リビング仙台の 『大人のための朗読講座』 の受講生が一堂に会し、
年齢も、職業も、ライフスタイルも様々なメンバーが、一輪の花を 一本一本束ねて 「ブーケ」 にするように、
童話・エッセイ・短編小説・ショートショート・詩など、様々な作品をお届けしました。


❤今日は 「出演者の声」 をお届けします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<第一部>


◆ 「君へ。」~伝えたい気持ち三十七話~  (Kiyoko)


今回の朗読作品は、「君へ。」~伝えたい気持ち三十七話~ より 「モーニング・コール」
この本は 「コミュニケーション」 をテーマに、 「伝えたい」 という気持ちを綴った、「ショートストーリー」 です。


君へ。.jpg


三ヵ月ほど前からだった。朝六時、電話の音で起こされる。
受話器を取ると、相手は何も言わない。


「もしもし・・・・・どなたですか?」


間の抜けたモシモシを繰り返し、そのうちに得体の知れない不安に襲われて
ためらいがちに受話器を置く。あとはもう、眠れない。


0146.jpg


作品との出会いは、長野先生からいただく 「わたしの宝物」 となります。
作品との出会いから始まり、朗読会メンバーの仲間と思いをひとつにして、稽古の大切さや、
声にだして朗読できることの喜びと、朗読会参加という貴重な体験をさせていただく幸せを胸に、日々の稽古に励みました。


sketch-1579430546510.png


稽古中、なかなか思うように表現できずにいる私に、長野先生は、色々なアプローチから 「ヒント」 を下さいます。
それは、気づいたことや、作品の中の登場人物の気持ち、音や色、文章から読みとれる景色・・・などを書き込んだものです。
これも 「わたしの宝物」 となります。


0036.jpg 0443.jpg


そこから導きだされていく 「表現の力」「想像の力」 「わたしの宝物」 となるのです。
今回は 「心の力」 も プラスしていただきました。ありがとうございました。


0438.jpg


当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
「わたしの宝物~ライブリーディング vol.8 ブーケ」 https://www.stage-up.info/contents/cat9/kiyoko/-vol8.php