「杜の音通信」 ダイジェスト (令和2年10月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで朗読ボランティアに伺っている 「ギャラリー杜の音」


DSC_1064.JPG


71回目 を迎えた令和2年10月は、以下の3作品を朗読しました。


① 安房 直子 : 作 ・ 織茂 恭子 : 絵 「きつねの窓」
② 和田  誠 : 作 ・ 絵 「ねこのシジミ」
③ 向田 邦子 : 作 「眠る杯」 より 「犬の銀行」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 安房 直子 : 作 ・ 織茂 恭子 : 絵 「きつねの窓」  (朗読 : 野呂 光江)


きつねの窓1.jpg1.jpg


いつでしたか、山で道にまよったときの話です。

道をひとつまがったとき、ふと、空がとてもまぶしいと思いました。

そこは広々とした野原で、一面青いききょうの花畑なのでした。


きつねの窓4.jpg1.jpg きつねの窓5.jpg1.jpg


織茂恭子さんの青を基調とした絵も美しく、そして幻想的な文章が想像を大きく膨らませてくれます。
小学校の国語の教材にもなっている作品ですが、子供だけでなく、大人の感受性も繊細に研ぎ澄ませてくれるお話だと思います。


DSC_2331.JPG


今回は野呂さんが、安房さんの世界観を、丁寧に表現してくれました。
杜の音の皆さんも、じっくりと聞き入ってくださいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 和田  誠 : 作 ・ 絵 「ねこのシジミ」   (朗読 : 田中 憲子さん)


ねこ1.jpg1.jpg


シジミ は、公園に捨てられていた です。


ねこ17.jpg1.jpg


これは、猫の目から見た、毎日の生活を淡々と書いた絵本です。

感動ものでもなく、泣ける話でもなく、びっくりするような事件もおきない。

でも 「まぁ、幸せな毎日」 なのです。なんだか、これを読むとほっとします。


DSC_2336.JPG


やってきた子猫の生活をやわらかな銅版画で描いた、人気イラストレーターの話題の絵本。
今回は、猫大好きな田中さんが、猫の気持ちをありのままに語ってくれました。
杜の音の皆さんも、目を細めながら、聞いて下さいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 向田 邦子 : 作 「眠る杯」 より 「犬の銀行」   (朗読:長野 淳子)



向田鉄。

こう書くと、まるで私の弟みたいだが、レッキとした犬の名前である。

二十代の中頃、ほんの十か月ばかりの短いつきあいだったが、この犬は私にいろいろなことを教えてくれた。


向田さん8.jpg1.jpg


この 「鉄」 という犬は、直木賞 を受賞した 「犬小屋」 という作品のモデルになっています。


DSC_2347.jpg1.jpg


読み終わった後、お客様から

「かつて飼っていた犬のことを思い出して、涙があふれました」
「向田さんの作品は、いつ聞いても胸にせまるものがありますね」
 という感想を頂きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_2357.jpg1.jpg DSC_2354.jpg1.jpg


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
https://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-28-1.php