「杜の音通信」 ダイジェスト (令和3年8月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで 朗読ボランティア に伺っている 「ギャラリー杜の音」


DSC_1065.JPG


76回目 の令和3年8月は、以下の 3作品 を朗読しました。


① 立原 えりか : 文 ・ 清水 耕蔵 : 絵 「天人女房」
② 川端 誠 : 絵  落語絵本 「みょうがやど」
③ 向田 邦子 : 作 「眠る盃」 より 「青い水たまり」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 立原 えりか : 文 ・ 清水 耕蔵 : 絵 「天人女房」  (朗読 : 田中 憲子さん)


350_Ehon_98732.jpg


おなじみの 「羽衣伝説」 の物語。


DSC_0027.jpg1.jpg


「天女」 の水浴びを見かけた男 「みかる」 は、一目ぼれをして 「羽衣」 を隠してしまいます。


DSC_5262.jpg1.jpg


今回は、 清水耕蔵さんの絵 も見て頂きながら、田中さんが 「羽衣伝説」 を丁寧に語ってくれました。
杜の音の皆さんも、じっくりと聞いて下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 川端 誠 : 絵  落語絵本 「みょうがやど」   (朗読 : 堀 多佳子さん)


51C+5O7VItL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg1.jpg


『茗荷を食べ過ぎると物忘れをする』 という言い伝えを悪用して、
客の忘れ物を巻き上げようとした宿屋の夫婦。


DSC_5234.jpg1.jpg


みょうがづくしで客に忘れ物をさせて、ねこばばしようと考えた。
さて、その果てにお客が忘れていったものは・・・


DSC_5243.jpg1.jpg


今回は、堀さんが 落語調の会話 を、生き生きと表現してくれました。
杜の音の皆さんも、楽しそうに笑いながら聞いて下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 向田 邦子 : 作 「眠る盃」 より 「青い水たまり」   (朗読:長野 淳子)


51GEjKuBDqL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg1.jpg


1979年に出されたエッセイ集。
タイトルの 「眠る盃」 は、「荒城の月」 の一節 「めぐる盃」 を間違えて覚えてしまったという話からきたもの。


向田さん7.jpg2.jpg


今回はその中から、水着にまつわる思い出を綴った 「青い水たまり」 を、朗読しました。


IMG_3768.jpg1.jpg


杜の音の皆さんは、向田さんと同世代の方が多いので、いつも熱心に耳を傾けて下さいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_5263.jpg1.jpg


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。

当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
https://www.stage-up.info/contents/cat9/-37.php