「杜の音通信」 ダイジェスト (令和3年9月号)

平成26年の9月から、月1回のペースで 朗読ボランティア に伺っている 「ギャラリー杜の音」


DSC_5733.jpg1.jpg


77回目 の令和3年9月は、以下の 3作品 を朗読しました。


① 林 木林 : 文 ・ 岡田 千晶 : 絵 「こもれび」
② 林 真理子 : 作 「美貌と処世」 より 「ソバとタミフル」
③ 向田 邦子 : 作 「父の詫び状」 より 「身体髪膚」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


① 林 木林 : 文 ・ 岡田 千晶 : 絵 「こもれび」  (朗読 : 田中 憲子さん)


350_Ehon_135556.jpg


こもれび をめぐり、小さな草花たちが繰り広げる群像劇。


ehon135556_2.jpg1.jpg


何気なく過ごしてしまいがちな日々も、愛おしく大切に過ごしたいと感じさせてくれる作品です。


1632301689691.jpg1.jpg


今回は、 岡田千晶さんの絵 も見て頂きながら、 「小さな草花たちの思い」 を丁寧に語ってくれました。
杜の音の皆さんも、優しい笑顔を浮かべながら、じっくりと聞いて下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


② 林 真理子 : 作 「美貌と処世」 より 「ソバとタミフル」   (朗読 : 佐々木 良子さん)


作家ならではの鋭い考察と、日々の精力的な交際と遊び、仕事から生まれる至言の数々。
欲望全開の女たちが活躍する現代を、まるごと味わい疾走し続ける人気作家のエッセイ集。


美貌と処世.jpg 7999.jpg1.jpg


今回は、忙しく生きる 「現代人」 の様子を綴った 「ソバとタミフル」 を紹介。


DSC_5759.jpg1.jpg


今回は、「杜の音」 初参加の 佐々木さんが 「林 真理子の世界観」 を、生き生きと表現してくれました。
杜の音の皆さんも、楽しそうに聞いて下さいました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


③ 向田 邦子 : 作 「父の詫び状」 より 「身体髪膚」   (朗読:長野 淳子)


父の詫び状.jpg 向田邦子.jpg


「身体髪膚 之ヲ父母ニ受ク 敢テ毀傷セザルハ 孝ノ始メナリ」


向田さんの家族写真.jpeg


体に残る小さな傷を通しての、向田さんの家族への思いが温かい眼差しで描かれた作品です。


1632302030952.jpg1.jpg


杜の音の皆さんは、向田さんと同世代の方が多いので、いつも熱心に耳を傾けて下さいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


DSC_5762.jpg1.jpg


読んでいる間の 皆さんからの 「笑い声」 や、読み終わった後の 「拍手」
「楽しかった」 の声が 「朗読して良かった~」 と思う瞬間です。
そうした声を励みにして、これからも 「朗読ボランティア」 を続けていきたいと思っています。


当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
https://www.stage-up.info/contents/cat9/cat23/-38.php