やっぱり 「人は見た目が9割」? (その1)


先日ひとつの講演会に伺いました。

演題は 「人は見た目が9割?~コミュニケーション力を磨こう~」
講師は、ミリオンセラー 「人は見た目が9割」 の著者 竹内一郎 氏。

竹内一郎.JPG

竹内先生は、横浜国立大学教育学部心理科卒業後、演劇の世界に入り、作・演出を担当。
筆名 (さいふうめい) で発表した 『戯曲・星に願いを』 で、文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作を受賞。
また、漫画原作 『哲也 雀聖と呼ばれた男』 で講談社漫画賞を受賞しています。


『演劇』 と 『漫画』 というジャンルを超えた活動を続けていく中で、
言葉以外の 『非言語コミュニケーション』 の重要性に気づき 『人は見た目が9 割』 を出版。
112 万部のミリオンセラーとなりました。 


「人は見た目が9割?」 というタイトルもさることながら、
「芝居」 に少なからず興味がある私としては 「劇作家」 であり 「演出家」 であるというところにも、
大いなる興味を持って講演会に伺いました。


「人は見た目が9割」 風に言えば、竹内先生の第一印象は 「大人しくて気の弱そうな人」 で
「芝居」 「漫画」 「作家」 という言葉から想像していたイメージとは、少々違った感じでした。


教育関係機関の主催で行われた今回の講演会は、教育関係の参加が多く、
受講者の反応がいまひとつと言った雰囲気の中で、少しやりにくそうだなあと思いましたが、
前半は 「コミュニケーション概論」 休憩をはさんで後半は 「実践論」 について講演されました。


その中で印象に残った 「言葉」 を、ここにいくつかご紹介します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★「第一印象に要する時間は、0.5秒である」
★「生き方は、外見に現れる」
★「外見は人格さえも変える」
★「相手の話をよく聞く人は、コミュニケーション上手」
★「相手をよく観察すること、観察力を養うことも大事」
★「コミュニケーションには、言葉だけでなく表情やアクションも大事」
★「わかっていることと、実際にできることとは違う」
★「人は、自分のことが一番わかっていない」
★「感情と論理は、別のところにある」
★「人は、理屈だけでは動かない」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『見た目を磨くこと』 とは 『内面を磨くこと』
それが、コミュニケーション力をアップすることにつながっている」 と語る竹内先生。


今回の講演会では 「新たな発見」 はもちろん、
自分が日頃意識していることや、伝えていることの 「確認」 もできたような思いで
とても興味深く、充実した時間になりました。


私自身も、様々なシーンに合わせた講座を、随時ご希望に応じて開催しております。


◆第一印象を 良くしたいという方に   「好印象学講座」
◆人と関わることに興味がある方に    「コミュニケーション術講座」
◆自分らしさを 表現したいという方に  「表現学講座」
◆接客・販売の向上を目指す方に     「接客スキルアップ講座」
◆企業などの新人研修や電話応対・クレーム処理など   「企業向け講座」


どうぞ、ご遠慮なくご相談くださいませ。

受講されたお客様からの声は こちら!
http://mbp-miyagi.com/stage-up/service2/
お問合せ・お申し込みは、下記へどうぞ!!
http://www.stage-up.info/person/ask.php